猫から飼い主への手紙 トラジャのつぶやき[全文掲載]

猫トラジャのイラスト

町の名前は知らないが、放ろうしていた僕は、コナいう名前の犬を飼っている人間、カオリと偶然同居することにした。
ある夏の午後、窓が開いていたので侵入してみたら、すんなり同居することが許された。
きっと、僕がハンサムだったからに違いない。
幸いなことに、犬のコナは猫に出会ったことがないようで、僕のこわさを知らない。

猫トラジャと犬コナのイラスト

いまだに無視され続けている。
だけど、僕はあくまで飼い猫と呼ばれる存在ではない。
寒い冬も、コナのようにカオリの布団の中に入る気もしないし、僕を愛撫するのを許さない。
しかし、トラジャと呼ばれることには抵抗ない。
呼ばれたら、気持ちをこめて「ニャー」と返事さえすればそこそこの餌がもらえる。
うーん、悪くない状況。
だから、しばらく居候をしてみることにしたのだ。
トラジャというのは、「山の上の人」というような意味で、この町の名前に由来しているらしい。

猫ドラジャの名前の由来

OLをしているカオリは、日頃の会社のパワーハラスメントでイライラしており、ストレス解消をするとか言って、どこかでアロマセラピーなるものを体験してきた。
家の中でも試すかまえだ。

ちまたの雑誌を見開けば、エステサロン、ヘアーサロン、ボディーメンテナンスで「癒し」として、アロマセラピーは大変なブーム。
現代人がストレス解消のために非常に頼りにしている癒しの方法なのだ。

植物から抽出したラベンダーやレモン、ペパーミントなどのエッセンシャルオイルの香りを嗅いだり、塗ったりしてマッサージなんかをするもので、人間にとっては、すごく気持ちの良いものらしい。僕にはくさいとしか思えないしろものだぁ。



カオリは百均の女王で、何でも100円で買ってくる。
アロマセラピーの手引き、アロマポット、ロウソク、臭いにおいのもとラベンダーなどオイルー式。それらを使って、アロマセラピーとやらが始まった。
直接、アロマポットにラベンダーを垂らしたので、初日には焦げ臭いにおいが部屋に充満し、あやうく僕もクロネコになるところだった。
ちなみに、僕はトラ模様。「おいおい、ちゃんと説明書を読んでからにしてくれ。アロマポットには水をはるんじゃないのかぁ」くさくてたまらん。

猫ドラジャのクロネコ化

カオリは、その後、ちょっぴり高い値段のラベンダーを買ってきて、ディフューザなるもので、香りを部屋に拡散し始めた。このオイルの香りは百均のものよりましなようだが、やっぱりくさい。
人間の行動は理解しにくいなあ。人間様は、なんでこんなのが楽しいんだろう。
最近、僕は体がダルイ気がする。



毎夜のアロマセラピーで、カオリにも何だか異変が起きたようだ。
う~ん何々?エッセンシャルオイルにも品質がある?
100%天然のものと、人工合成のエッセンシャルオイルだと?
品質が悪いエッセンシャルオイルを使っていると、癒しどころか副作用があるってことか?

そのことに気づいたカオリは、今度はどえらく高い天然のエッセンシャルオイルを買ってきて、しごくご満悦。夜はグースー寝ているし、犬のコナも一緒に熟睡している。



でも、僕はなんか悪いものでも食ったのだろうか、気分が悪い。高品質アロマもいらないから、何とかしてくれ。
数週間後、トラジャ倒れる。
気がつくと、動物病院のケージの中に入れられていた。
診断は、あっさりと肝障害。




先生「何か変なモノを食べさせませんでした?」

カオリ「特に何も・・・。市販のキャットフードです」


先生「あー、おうちで床のワックスをなめたとか、アロマセラピーやってませんか?」

カオリ「猫にはやってません」


先生「猫じゃなくて、あなたは?」

カオリ「寝る時、ラベンダーをお部屋にたいています。良く眠れるんです」


先生「あー、原因きっとそれですね。すぐ止めてくださいね。難しい話になっちゃうので、わかりやすく言いますが、猫って、犬なんかと違って肉以外のモノをあまり食べないでしょ。真の肉食動物なんですね。植物の成分を解毒する酵素がないのねー。
エッセンシャルオイルって、植物の成分を濃縮したものでしょ。猫は成分を完全に解毒できないんですよ。これからは、気をつけてあげてね。エッセンシャルオイルは猫には毒になる可能性が高いんですよ」

カオリ「・・・」


先生「比較的回復がはやかったので、今後、気をつければだいじょうぶ」

カオリ「先生、ありがとう」


初めてカオリに抱かれ、トラジャは家に戻った。



コナが僕を舐めてくれた。
気持ち悪~い。
コナはソーセージみたいに胴が長く、足が短いへんな犬だ。
とってもぶざまな恰好の犬だが、何故か人間に人気があるらしい。
散歩に行くと、皆に「かわいい!」なんて言われるもんだから、結構、気位が高い。
胴長短足のコナ
でも、しっぽを振りながら舐めてくれると、友達になった気分。悪くないぞー。
でも、カオリは動物病院の領収証を眺めて、ため息をついている。僕のせいじゃないぞ!



近所に、ビューティフルレディーのユリ子という生け花の先生に飼われているボルトとナットという猫仲間がいて、いつも彼女の家の庭で一緒にひなたぼっこをして遊ぶんだ。
久しぶりだから動物病院入院体験を報告しに行こうっと。


「ニャーオ。こんちは一」
「トラジャぁ」

「どうした、ナット」
「ボルトが、ボルトが… 」

「ボルトがどうした?」
「きのう、ユリ子さんが部屋にユリの花を飾ったの。私の体についたユリの花粉をボルトが舐めて… 」


ナットはパニック状態だった。
ボルトとナット

「お前の花粉を舐めて、ボルトがどうしたんだ?」
「痙攣して泡をふいて、冷たくなっちゃったの」

ボルトは、ユリの花粉を舐めて中毒死してしまったのだった。



そう言えば、以前、たまたま名古屋に住んでいた時に知り合ったリップという猫が、「わたしたち猫は、いろんなモノに中毒するから、気をつけなくっちゃ」って言っていたのを思い出した。
リップはとっても物知りなんだ。今、どうしているかなぁ。やっぱり、ボルトも中毒だったんだ。

僕もアロマであぶないところだったし。でも、ユリの花粉が猫に猛毒だなんて知らなかったなあ。精油もあぶないって言うし。仲間のためにも、もっと勉強しなくっちゃ。

飼い主のカオリも、僕の事件があってから一生懸命にアロマのことを勉強している。
カオリがいない日中、彼女がパソコンでアクセスしたサイトを検索して、僕も猛勉強を開始した。
彼女に猫の手を貸してやるんだ。


ほう、猫の肝臓では、1種の解毒酵素が欠けているので、他の動物ならなんなく解毒・代謝できる物質に中毒してしまう危険があるんだと?
コナなんかより、僕らの皮膚がとっても薄くできていて、化学物質が吸収されやすいってか?

僕らは、よく自分の体を舐めて、毛繕いもするしなぁ。え?
血液の赤血球に含まれる色素なんかも、傷つきやすいんだって?そうか、生まれながらにとってもデリケートにできてるんだ。

でも、犬のように、人間の都合で品種改良があまり行われなかったので、助かってるよ。
コナをみてみろよ。すっこく、不自然な恰好だぜ。僕は足が長くて格好いいだろ。
そんなこと言っている場合じゃないな。検索、検索!

トラジャは、情報を得れば得るほど、危険にさらされている仲間を救いたいと思うようになった。外国では、猫にアロマが危険だということも、ちゃんと報告されてるのか。

そうだ、全世界の猫の飼い主に手紙を書いてみよう。

イタリアにいるメル友で、マルチリンガルキャットのスモーキーJに相談してみた。外国語がにがてなトラジャに、スモーキーJはよろこんで協力を申し出てくれた。持つべきものは友達だね!

スモーキーJ

こうしてトラジャは、必死で以下のような手紙を全世界の猫の飼い主あてに書いた。
中毒で苦しむ猫仲間が、1頭でも少なくなるように願いを込めて。




猫からすべての飼い主へ

僕たち猫は、特に脂溶性の化学物質を解毒する際に必要な肝臓第Ⅱ相の酵素であるUDP-グルクロノシルトランスフェラーゼが完全ではありません。
僕たちは、遠い昔から、肉を主食としてきたので、植物の成分を代謝・解毒する機構が必要でなかったからかも知れません。
そのため、ほかの動物にとっては何でもない薬や化学物質でも、僕たちには毒になる場合がたくさんあります。
特に、エッセンシャルオイルは、植物の成分を人工的に濃縮した恐ろしい化学物質です。

人間には癒しの効果があったりしても、僕たちの体には毒になる可能性がありますので、それらの成分が入っている製品を僕らの周りで使ったり、直接僕らに塗ったりしないでください。
エッセンシャルオイルの入ったシャンプーなども使わないでください。あなたがアロマセラピーをするのであれば、どうぞ、僕たちを別の部屋に連れていってからにしてください。
すぐに中毒しなくても、徐々に症状が現れることもあったりして、それがいつかはわからないのです。

僕らが、もし、原因不明の中毒だと言われたら、何かエッセンシャルオイルが関係しないかどうかもよく調べてください。

僕たちをみてくれている獣医さんが、猫とエッセンシャルオイルの関係を知らないかもしれません。もし知らなかったら、あなたが教えてあげてください。獣医さんが、エッセンシャルオイルを使って、治療をしてみようと言うかも知れません。そんな時は、危険性について、是非、質問をしてから決断してください。

僕たちにアロマセラピーをしたいのであれば、エッセンシャルオイルでなく、品質保証のあるハイドロゾルとか、ハイドロラートなどと呼ばれる製品を選んでください。
エッセンシャルオイルとちがい、ハイドロゾルは殆どが水溶性の成分ですので、僕たちでも比較的安全に解毒することができます。でも、エッセンシャルオイルで香りづけをしたフローラルウオーターを使わないように、注意をしてください。犬にアロマセラピーをする時と同じように、必要最小限にとどめてください。エッセンシャルオイルと同様、ハイドロゾルの成分も、まだ完全に解明されていないので、100%の保証がありませんから。

僕たちは、昔は人間の残飯をもらって生活をしていましたが、結構グルメでネズミや小鳥をとって食べたりしながら、自分たちの生活を楽しんでいました。
しかし、現在の生活環境からすると、人間と一緒に暮らすのは、実はとても苦痛なのです。
今の僕たちは、あなたが与えてくれるものしか食べるものはありません。
どうぞ、あなたが私に与えるキャットフードの素材に何が入っているか、詳しい情報を得て、僕たちにできるだけ安全な餌を選んでください。
僕たちは、いろんなものに中毒しやすくできているほか、狂牛病や鳥インフルエンザにもかかる危険性にさらされています。

そして、もうひとつお願いがあります。
犬のように、人間の都合で、どんどんと品種改良をしないでください。僕たちは、今の体型をいつまでも保ちたいと願っています。

どうぞ、僕たちからのメッセージに真剣に耳を傾けてください。そして、猫を飼っている知人がいたら、その人に、是非、この手紙を届けてください。

トラジャより

猫ドラジャ




あとがきにかえて

ペットのアロマセラピーの幕開けは、1993年のことです。フランスを拠点に活躍している自然療法士のNelly Grosjeanがフランス語の著書を出版し、翌年に英訳本『Veterinary Aromatherapy』が出版され、全世界にペットのアロマセラピーが広まることになりました。しかし、著書に紹介されているレシピは、植物食性である馬に対する精油の使い方が基本にあり、時には人間用のレシピがそのまま、希釈さえすれば安全だろうという考えだけで、多くのペットに応用されてきました。

猫の代謝が他の動物とは異なるということは獣医学的にも以前から指摘はされてはいましたが、アロマセラピストという立場から猫に対する精油の危険性を著書にして公表したのは、Kristen Leigh Bellが初めてです。
彼女は、2002年に『Holistic AromatherapyFor Animals』(和訳:『愛しのペットアロマセラピー』:2004さんが出版)の中で、猫がアロマセラピーの犠牲になっていると、安易なペットのアロマセラピーにはじめて警鐘を鳴らしたのでした。

私は、アロマセラピストの斉藤寛充朗氏から「愛しのペットアロマセラピー」の翻訳依頼を受けた時、衝撃がはしりました。獣医師仲間にも、猫のアロマ製品の中毒事故らしき事象を経験している友人が複数いたのです。「世の中のアロマブームで、猫が大変なことになる!」そう思った私は、動物園で仕事をしてきた夫と共に、2005年に「日本アニマルアロマセラピー協会」を設立し、普及啓蒙活動を開始しました。過去、数回のセミナーを開催しておりますが、プロのアロマセラピストや獣医師も参加をなさっています。そして、セミナーの回を重ねるごとに、アロマセラピーと猫の中毒の事例が参加者からよせられています。アロマセラピーは上手に利用すれば、大変役立つ相補代替医療です。しかし、動物ごとの生理・代謝機構を無視した安易な精油の使用は避けなければなりません。

田邉和子

「猫から飼い主への手紙」トラジャのつぶやき

イラスト 白井智恵



猫から飼い主への手紙の公開について

猫から飼い主への手紙を読了後、すばらしい本をありがとうございます!と真っ先に思いました。

この本に書かれている内容をネコと暮らしている飼い主の皆さまにひろく知ってもらいたい!と強く思いました。そこで思い切って著者である田邉さまへ連絡をしました。

「一人でも多くの方へ猫から飼い主への手紙のことを知ってもらいたいです。私たちは、どういったかたちでの情報提供が可能でしょうか?」とご相談させていただいたところ、

著者である田邉さまから『一人でも多くの猫を飼育する方々に情報を届けていただければと思います。』とご了承をいただき書籍の内容を皆さまにお届けすることが出来ました。
田邉和子さま、日本アニマルアロマセラピー協会さま、白井智恵さま、貴重な内容を共有いただき本当にありがとうございます。

全世界の猫の飼い主に手紙を書いてみよう!というトラジャの思いを多くの方に知って頂きたいです。
この手紙をネコたちのため広げて頂きたいです。
ネコにとって快適に暮らせる環境づくりを猫好きみんなで考えるきっかけになることを願っております。

nekozuki代表 太野由佳子



英文


Letter to Every Cat Owner from Cats Toraja’s jottings

I had been wandering around for a while in the town whose name I didn’t know,
and all of a sudden I decided to live with Kaori(meaning Fragrance in Japanese),
a human female who has a dog, named Kona.It all happed by chance in a summer
afternoon.The windows were open, so I made an entry into her house, and they
let me live there without any objection. I know that was because I was handsome.
Fortunately, the female puppy Kona had never met a cat, and did not know how
frightening I can be.

She still keeps ignoring me. But i am not an animal that one could describe as
a pet. Even in cold Winter, I don’t feel like going into Kaori’s bed as Kona does, 
and don’t allow anyone to stroke me.But I don’t have any objection to being 
called “Toraja” When they call me by that name, I put all my heart into replying 
“Mew!”and get decent food to eat.Well, all things considered, that’s not a bad deal.

So, I became a scrounger.”Toraja” by the way means something like ”a man on the
mountain”, and it seems as if it has something to do with the name of this town.

Kaori, works in an office but is always fed up by the power struggles in her company.
Once somewhere she experienced something similar to aromatherapy so she made up
her mind to experiment with it herself in her own home.

If you open magazines anywhere, you will see that aromatherapy is a flourishing
“healing” process in aesthetic salons, hair salons, and beauty parlours. It is a
healing method, which modern day humans rely on heavily for stress reduction.

They smell fragrances of essential oils such as lavender, lemon and peppermint
and take massages by rubbing in such oils.It would appear that it must be a great
luxury for humans. For me, it’s only something smelly.

Kaori is a dollar-store queen and buys everything for 100 yen in those stores.
Aromatherapy manuals aroma pots, candles, sets of these smelly essential oils, 
etc., etc. She thus started using these to start her aromatherapy.

On the first day it started like this.She dropped lavender oil directly in the 
aroma-pot, so the room was filled with a malodorous burning , smell and I
almost became a black cat.

By the way, my fur is striped like a tiger.”Hey, read the manual first!
Must put water in the aroma-pot, am I right?”I can’t stand this smell anyway!

After that, Kaori bought a little more expensive lavender oil and began diffusing
the fragrance in her room, using .something like an electric sprayer or diffuser. 
The smell of the new oil seemed a bit better than the 100 Yen variety, but for
me it was still a bad smell.
It’s so difficult to understand what humans are trying to do. Why do humans
enjoy such a thing?I was feeling listless these days.

By practicing aromatherapy every night, it looked like something abnormal was 
happening to Kaori,too.What was going on,? Essenltial oils have grades of quality? 
There are 100% natural oils and adulterated oils?If you use poor-quality
essential oils you have side effects instead of healing?

Kaori realized that, and now having bought more expensive therapeutic essential
oils, she is very satisfied, sleeping well at night, and her dog Kona also
sleeps soundly with her.

But, be that as it may, I was feeling sick; maybe I ate something bad, and.
I don’t even need the best-quality aroma, so help me, help me anyway!
A few weeks later, I collapsed and when I became conscious, I was in a cage
inside an animal hospital.The diagnosis was simply hepatic disorder.

Vet: Did you give this cat anything strange?
Kaori: Nothing in particular. .. Just cat foods available in the market.”

Vet: Well, did he lick the floor wax, or did you practice aromatherapy?
Kaori: “No, I did not do that for the cat.”

Vet: “Not for the cat, but for yourself?”
Kaori: When I go to bed, I diffuse lavender oil in my room. It makes me sleep well.
That’s all.”

Vet: ‘Yes? Maybe, that’s the cause of the trouble. Stop the therapy immediately.
I will try to explain it in simple terms, although it’s not an easy subject.
Cats seldom eat plant materials other than meat, which is a very important difference
from dogs. They are true carnivores. They don’t have enough enzymes to metabolize
plant components.Essential oils are extract of plant components, aren’t they?
Cats cannot metabolize those components completely. Please be careful about that.
It is highly possible that essential oils can be harmful to cats.”

Kaori,: …

Vet: “As he is recovering fairly fast, it’s OK as long as you pay attention from
now on.

Kaori: ‘Thank you so much, Doctor”

Held in Kaori’s arms, for the first time, I came back home.

Kona kissed and licked me.This was an awful feeling at first.
Kona is a strange · dog with a long body like a sausage and her legs are abnormally short.
She is a very clumsy dog.I don’t know why, but she is very popular among humans.

When she goes out for walking, she is admired “Adorable! by all, so she has a lot of pride.
But, when she licked me, wagging her tail, I felt that I had made friends with her.
Not bad at all.But, looking at hospital receipts, Kaori is breathing a sigh.
But, its not my fault!

In the neighborhood I have cat companions called Bolt and Nut kept by a beautiful
lady Yuriko (meaning Lily in Japanese), This lady is very fond of flowers and
practices the Japanese Art of flower arranging ikebana”.
I always play together with them in her yard enjoying in the sun. Since I haven’t been
there so long, I’ll go and tell them what I experienced at the veterinary hospital.

“Hi!.”
“Toraia?”
“What’s the matter, Nut?”
“Bolt, Bolt … ”
“What happened to Bolt?”
“Yesterday, Yuriko decorated her room with lilies. Bolt licked lily pollens attached
on my body. For quite a while …

Nut was panicky.
“Bolt licked pollens on your body?”
And, what happened?”
“Cramping, foaming at the mouth, and got cold .

Bolt licked lily pollens and died of poisoning.

Come to think of it, I recall, I met a cat called Lip by chance when I was in Nagoya,
and she was saying, “As we cqts easily get poisoned by various things, we must
be careful.”
Lip is very knowledgeable.I wonder how she is.As I suspected, Bolt was also poisoned.

I was also almost in danger too with aroma. But, I did not know lily pollens were
deadly poisons to cats.Oh, essential oils, too. For the sake of my companions,
I guess I have to study more.

My Mistress, Kaori has been studying hard about aromatherapy, after my accident.
During the daytime when Kaori is not home, I began my work, searching hard for the
sites she accessed in her PC.1 want to give her my cat’s help.

Hmmm, cat’s liver lacks certain type of detoxification enzyme, so we have a risk
of poisoning to substances, which other animals can easily detoxify and metabolize?
Our skin is much thinner than Kona’s, making it easy for chemical substances to be
absorbed? We often lick our own body and clean up our fur. What?
Pigment contained in red cells of blood is so sensitive, too?
Uh-huh we were born delicate.

But, It’ s good to know we have not been bred according to humans’ conveniences,
as dogs have.look at Kona.

She has such an unnatural figure.On the other hand, I have long legs and a good figure.
I shouldn’t waste time talking like that.Search and search!

The more information Toraja gets, the more eagerly he wants to save his companions
exposed to the danger.Are people in foreign countries informed about the danger of
aroma to cats?

I tell you what. let me write a letter to cat owners all over the world.
I told my idea to my E:mail friend and also a multilingual cat Smoky J in Italy.
She gladly offered her help to Toraja who has trouble with foreign. languages.
What we need to have is a friend, isn’t it right?

Thus, Toraja struggled to write a letter as in the following to every cat owner
all over the world. Wishing that the number of cat companions suffering from
poisoning would be reduced with the smallest sacrifice.

To Every Cat Owner of the World

We, the cats have incomplete UDP-glucuronosyltransferase, one of
the second phase enzymes of the liver that is necessary to detoxify
or metabolize fat-soluble chemical substances such as essential oils.
As we have lived on meat from remote ages, we might not have needed
the mechanism to metabolize and detoxify plant components.
Because of that, even medicines and chemical substances,which are
no harm to other animals,become poisonous to us in many cases.
For us, especially, essential oils are dangerous chemical substances
made by condensing plant components artificially.

For humans; they have healing effects,but for us they might be
poisonous.So, please do not use products with essential oils
around us.Please do not use shampoos with essential oils for us.
In case you practice aromatherapy,please do it after you take
us to separate rooms.
Poisoning may not occur right away,but it gradually develops.
We do not know when the symptoms appear.

If you me told we are poisoned from an unknown cause, Please look
into the possible cause related to essential oils

The vets who take care of us might not know the relation between
cats and essential oils.If they do not know, please tell them.
Vets might recommend the treatment using essential oils.
In such a case, please ask them about the risk for the treatment.
The vets who know the risk should give us the treatment, examining
our liver functions.If you want to give us aromatherapy, please
select the products called hydrosols or Hydrorat.

Different from essential oils, hydrosols consist of almost all
water-soluble ingredients, so we can detoxify in comparatively
safe manner.
But, please be careful not to use floral water with fragrances
of essential oils. In the same way of aromatherapy treatment
given to dogs, please use the minimum amount necessary.
As well as essential oils, the ingredients of hydrosols have not
been fully understood, so the assurance is not 100%.

We used to live on leftovers of humans, but enjoyed our life
with gourmet foods by catching mice and birds.However, in the
present living environment, it is actually very painful for us
to live-with humans.
We have nothing to eat nowadays other than meals given by you.
So, please, get detailed information about the ingredients of
cat foods you give us, and select food as safe as possible
for us.We are built to be sensitive for various types of
poisoning, and exposed to the risk of BSE and the bird flu.

And, there is one more thing to ask you.
Please, do not attempt breeding by your conveniences as
you do for dogs.
We hope to keep the present figure forever.
Please listen seriously to this message from us. And,
to anyone who keeps cats,
please send this letter by all means.

With love, from Toraja

Message in lieu of the postscript

It was 1993, when pet aromatherapy made its first appearance. Nelly Grosjean,
an active naturopathic therapist based on France, published a French book about
the therapy. In the following year an English version of the publication titled
‘Veterinary Aromatherapy” was published and pet aromatherapy spread throughout
the world.However, the recipes introduced in this book were primarily for the
use of essential oils for plant-eating horses, and the recipes for humans
have often been applied to many pet animals, by thinking that they should be
safe as long as they were diluted.

It has been pointed out from a veterinary’s point of view that the metabolism
of cats differs from that of other animals, but it was Kristen Leigh Bell who
first announced the risk of essential oils for cats in her book from the
position of aroma therapist. In 2002, in her ”Holistic Aromatherapy For Animals”
(a Japanese version “Itoshino Pet Aromatherapy” was published by Sanga Publishing),
she first warned against easygoing pet aromatherapy,writing that cats were victimized
by aromatherapy.

I was shocked when Mr. Kanjuro Saito ,an aroma-therapist asked me to translate the
“Holistic Aromatherapy For Animals.
In the circle of my veterinary companions, there is multiple number of friends
who experienced events of catsapparently suffering from poisoning by aroma products.
I said to myself ,”Cats in the world might be exposed to the danger by the boom of
aroma!” Consequently, together with my husband who devoted himself for animals in zoos,
we established “The Japan Animal Aromatherapy Association” in 2005 and began
dissemination of the information and awareness campaign.
We have conducted several seminars in the past, and professional aroma therapists
as well as veterinarians participated in the seminars. And, each time when the seminar
was repeated, comments on poisoning events of cats and aromatherapy were sent from the
participants.The right use of aromatherapy can be a very effective and complementary
alternative. health care.However, we have to avoid the easygoing use of essential
oils. that ignore the physiological and metabolic mechanisms of each animal.

Kazuko Tanabe D.V.M.

Acknowledgements

I wish to offer very special thanks to my Friend John Crosskey who lives in Italy,
for proofreading the English version of this manuscript. Particular thanks also go to
Ms. Chie Shirai for drawing lovely illustrations.
Also, this book would not have been possible without the help of my sister, Hamako Hara.




nekozuki’s voice

“Thank you for the wonderful book about a cat’s letter to cat owners!”, I immediately
thought after reading Ms. Tanabe’s Letter to Every Cat Owner from Cats.
As a person who genuinely loves cats, I want all the owners to know what is written
in this book, so I took the plunge and contacted the author, Ms. Kazuko Tanabe.
When I consulted with her, I said, “I want as many people as possible to know about
your book. What kind of information can we provide?”
The author, Ms. Tanabe, promptly replied, “I’d like to spread information to people
who keep as many cats as possible. We were able to deliver the contents of the book
to everyone.We would like to express our gratitude to Ms. Kazuko Tanabe, the president
of Japan Animal Aromatherapy Association, and Ms. Chie Shirai for sharing valuable content.
Through this, we’re strongly motivated to advocate the proper ways to care for our feline
friends. Let’s write a letter to cat owners and cat lovers all over the world!
I would like many people to know the thoughts of Toraja.
I’d like you to spread this letter for the cats too!

We hope that this will be an opportunity for all cat lovers to think about creating
an environment where cats can live comfortably.

Yukako Futono nekozuki’s owner

※当ページの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.